RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
無自覚な哲学者!
 哲学
流通する一般的な意味、解釈は辞書にある「 各人の経験に基づく人生観や世界観。また、物事を統一的に把握する理念」
でしょうか・・・

もちろん、生きている限りつきまとうものではありますが
子どもにとっては、世の中を知っていく、仕組みに気づいていくことが
哲学な毎日なのではないでしょうか・・??どうでしょうか・・・??
今子育てをしている皆様、子供にふれあう機会のある皆様には
面白くも不思議で懐かしい、子供の感性を身近に感じておられることかと思います


そこで、おススメの映画&絵本のご紹介!

映画の方はまだ私も見てないのですが絶対劇場で見たいです!!!
その名もずばり、
小さな哲学者たち
(是非動画で予告をご覧ください!)


フランスの幼稚園で2年間行われた哲学クラスのドキュメンタリーです
映画のイラストは大好きなmayamaxx!
この絵を見て、3歳の時のしりとりで
じ、の時
じゆう!!って言った娘を思い出しました
・・・・かっこええな笑

劇場で見れなくてもDVD絶対買おうっと!

そしておススメ絵本は

まどみちお作
ささめやゆき 絵
のくうき
です。
まどみちおさんのママ大好きという絵本は
娘も好きで赤ちゃん時代に良く読みました
詩人としてのまどみちおさんは良く知らないのですが
不思議なイメージ・・・
まどみちおの空気という詩を絵本にしています
これまた哲学的内容
ささめやゆきさんの絵がとってもかわいくどこか不思議で詩にあっています



内容は、ぼくの胸の中に今入ってきた空気はさっきまでママの中にいた空気
ぼくがいま吐いた空気はパパの胸の中へ入っていく

・・・・
同じ地球にすんでいればいつかは同じ空気が入れ替わる
庭のアリの中にいた空気が、
南氷洋のクジラの胸の中の空気が・・・

僕の心が今透き通りそうに清々しいのは
見渡す青葉たちの吐く空気が
ぼくらに入り内側から緑に染め上げてくれるのだ

胸から胸へ、
全ての生き物が兄弟であることを
忘れないでとうたっている


***
上記、抜粋、省略等私の解釈で変換しております
詳細内容は絵本をご覧くださいませ
***


巻末にある、
100歳を過ぎる!まどみちおさんが、画家のささめやゆき
さんにこの作品を絵にすることに対するアドバイス??返答が載っていて
それもまた素敵な哲学・・・


今思い返しても
自分の子どもの時代は小さな世界で終結してました
IT世代の今、そして、モノもあふれる現在ですが
逆に、探せば世界は広がり、素敵な出会いにもたくさん触れることができます

色んな世界を知り、子供たちはどう育っていくのか。。。楽しみですね〜



author:ソレイユ, category:本・絵本, 22:56
comments(0), -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:56
-, -, - -
Comment